a.k.a. Sakaki

読書 創作 写真 旅行 動植物 言語

ラーツー

f:id:akasakaki:20181015193105j:plain

 日曜日の半日出勤のせいで翌週の仕事に影響が出そうだった。ということで出勤前にラーツーセットを携えて、仕事が終わった後、仕事着のまま美山まで行ってきた…というお話である。

 道具はトップケースに全部収まった。宿泊を兼ねるとやはりサイドケースは必須かもしれない。それでもデイキャンプ程度なら余裕であることが分かった。日没時刻が通常よりも早いので、念を入れてランタンも入れておいた。

f:id:akasakaki:20181015193807j:plain

 例によってすれ違うバイクには手を振って、元気のいい人に対しては両手を高く挙げて踊って(※絶対にマネしないでください)を繰り返している内に美山ふれあい広場に到着。確か16時30分頃だったように記憶している。日曜日に来たのは初めてで、ものすごい数のバイクが停まっていた。

 この日、ようやく「鹿コロッケ」と「おやき」にありつけることができた。お世辞抜きで鹿コロッケがめちゃくちゃ美味しい。おやきもめちゃくちゃ美味しい。なんだコレは。ここのは特に美味しかった。

 少しだけ休憩した後で美山ふれあい広場を出発し、前々から気になっていた林道の1つに入ってみることにする。どこかで開けた場所があれば設営してラーメンを食べる計画。機運なことに(?)その林道に入って30秒後には開けた場所に辿り着いた。

f:id:akasakaki:20181015194130j:plain

設営完了!

 もっと奥に入りたい気持ちがあったものの、日没までには片付けを終えたかったので、ここを目的地ということにした。今日は瑞鳳も一緒である。先日27歳にもなったばかりだというのに、お人形さんと一緒に出勤する「多少何かを拗らせてしまった大人」の地獄絵図である *1

f:id:akasakaki:20181015205942j:plain

 カップ麺はこのシリーズが最も楽だと思っている。フタを開けてお湯を注ぐだけ。かやくのビニールや液体スープもない。今日はカレーヌードル。濃the厚であった。

f:id:akasakaki:20181015210231j:plain

 ちなみにバーナーは岩谷産業のコンパクトジュニアバーナーを使用している。選んだ理由は「ガスボンベがコンビニで売っている」という利点があってのこと。ガスボンベをバーナーの火から守る遮熱板は別売なのだが、不慮の事故を起こさないためにも揃えておくべき。

 …とまあ、わざわざ野外で食べる必要はないのだが、外で食べるご飯は何でも美味しく感じてしまうものである。この日の美山は15℃前後と、メッシュジャケットでは寒さを感じる気温であった。温かいラーメンはそんな身体に滲みた。こんな感じでアウトドア飯もブログに載せていけたらと思う。

*1:余談ながら、今年は様々な方々に祝ってもらえて幸せであった。前日にうっかり口を滑らせたにしても、たくさんの方々に祝ってもらえたように思う。教えたことはなかったはずだが、どこで漏れたのだろうか。いずれにせよ、教師の仕事は悪いことばかりではないと思った瞬間であった。