a.k.a. Sakaki

旅行記と整備手帳と日々の声

近況:湖西道路

f:id:akasakaki:20190428214250j:plain

 4月に入ってからというものの、セロー、FZR、TZRの3台は通勤で楽しむだけに留まっています。北陸に行きたいし、四国にも行きたい。行きたいところは山ほどあるのですが、仕事と天気がそれを許してくれない状況が続いています。今は我武者羅に働く、そういう時期なのかもしれません。

 写真は、出張がてらに立ち寄った日吉神社です。セローで旅に出る機会が減ったので、ツーリングした気分になれる写真が撮りたかったのです。これを旅とするわけにはいかない気がしますが、旅としておきます。

f:id:akasakaki:20190428215035j:plain

 湖西道路(161号線)いいですね。無料区間なのに制限速度は70kmなので、たまに高回転を維持して走行させるのに使いたい道路です。信号もないし、道の駅もあるし、琵琶湖も近いし、連休に入ったばかりだというのに道路も混雑していませんでした。偶然だっただけかもしれませんが、穴場かもしれません。

f:id:akasakaki:20190428215352j:plain

ぷいきゅあー!

 余談ながら、人生の期限を30歳と定めてみることにしました。何をしようにも報われないですし、何をしようにも「どうせいつか死ぬ」の語が脳裏をよぎってしまいます。本を読んでも、絵を描いても、働いていても、こうやってブログを更新しても…です。

 別に将来に不安があるわけでもありませんし、過去に何かがあったわけでもないのですが、無気力にこの先ダラダラと生きていても仕方がないので、思い切って期限を切ってみることにしました。

 余命3年弱と考えたら気楽になりましたし、そうと決まれば他人に優しく生きていけるような気がします。最後の数ヶ月くらいを生まれ育った日本を一周する旅に当て、最終目的地(実家周辺)で土に還ろうかなと思案しているところです。

 生きることに意味がないことはずっと昔から分かっていたのですが、色々なことを我慢しながら現在に至っています。すぐに人生を終える選択もできるのですが、自殺の場合は加入後3年経たないと保険金が下りないらしいですし、キリの良さもあり、とりあえずそこまで生きてみようと思います。その後、生きるかどうかは30歳の自分に決めてもらおうと考えています。