a.k.a. Sakaki

旅行記と整備手帳と日々の声

長野出張

f:id:akasakaki:20200228103223j:plain

バス車窓

 修学旅行の引率で長野県まで行ってきました。長野と云えども新潟との県境に位置するスキー場なので、ほぼ新潟まで行ってきたようなものです。新型コロナウィルスの影響で様々なイベントが中止になっているのですが決行されてしまいました。とはいえ、行くと決まったのであれば、日頃の業務のことは忘れて羽を伸ばすことに努めようと思いました*1。まあ、罹患したとしてもインフルエンザみたいなものです。悪化してしまうと大変なことになるというのは間違いありませんが。

f:id:akasakaki:20200228105729j:plain
f:id:akasakaki:20200228110419j:plain

 長野県というのは、街が全体的に高所に位置するようです。ポテトチップスの袋や写真のカップ麺のように、容器が気圧の関係でパンパンになっています。

f:id:akasakaki:20200228105924j:plain

 常温で保存された牛乳パンですから、マーガリンや添加物を多く含んだ普通の健康に悪いパンなのですが、つい買ってしまいました。味は想像通りでした。でも、こういうものでさえ美味しいと感じてしまうのですから、日頃の労働環境はどれほどにまで劣悪だったのでしょう。

f:id:akasakaki:20200228110313j:plain

SAで食べるコロッケは美味しい

 初日はのんびりしていました。雪が積もった露天風呂というのはなんとも風情のあるものでした。火照った身体を冷やして温めてを繰り返し、水を飲んで老廃物を外に。

f:id:akasakaki:20200228110548j:plain
f:id:akasakaki:20200228110546j:plain
優勝

 湯上がりに地元の牛乳。濃厚なのにしつこさがありません。スッキリと飲める牛乳でした。この日は当番の場所で本を読み、寄って来た子どもの相手をしながら過ごしました。こういう顔を見てしまうと、脚注(1)で書いたこととは裏腹に、中止にならなくてよかったのでしょうか。私が間違っているのでしょうか。分かりません。

f:id:akasakaki:20200228112059j:plain

 良い天気ですが、雪質はガリガリです。暖冬の影響は大きいようです。ガスがかってますが、写真奥手は百名山の「妙高山」です。肺に影響がなければ登山も悪くないでしょうね。大きな山です。

f:id:akasakaki:20200228112343j:plain

 本当は少しだけの予定でしたが、思うように滑れなかったのが悔しくて終日ずっと徹底的に練習していました。2日目にしてようやくコツをつかみ、ターンもできるようになりましたが、その反面、身体が痛いです。仕事のことを全く考えずに遊んだのは、恐らく、10月の淡路島以来ではないでしょうか。この日の半日は出張でしたが。一応、仕事なのでお金をもらって遊んでいることになりますが。

f:id:akasakaki:20200228113245j:plain

 冷えた身体を温泉で温め、またアイスで身体を冷やします。300円もする贅沢なアイスです。当番さえなければ全て自由時間なので、スキー実習が終わってからの時間は読書と子どもとの会話です。部屋に戻ると眠ってしまいますし、鬱傾向でしたので余計なことを考えないためにも外にいました。*2

 途中、引率の教員に納得できない叱られ方もしましたし、耳にしたくないような情報も入ってしまいましたが、総合的にはリフレッシュにはなったように思います。今度は誰にも邪魔されないプライベートで来られないものかを考えています。自然に囲まれた生活は定期的に取り入れなければなりませんね。

f:id:akasakaki:20200228113603j:plain

いつか、また。

*1:正直なところ新型コロナウィルスによる各イベント中止の情報が入ってきているため、決行してはならかったと思っています。世間の目にはどう映っていたのでしょう。集団で移動している我々の様子を見て非難するでしょう。しかし、みなさんには理解してもらいたいのですが、学校という組織は上からの命令で動くものなのです。より正確に言えば、結束してトップと対立することができない組織なのです。そもそも何も考えていない教員や出世欲の強い教員については当然ながら学校長に右にならえですし、家庭のある若い教員や定年間近の教員については人生を左右しかねないですから(つまり解雇)、心の底では反対していても、それを公にしにくいのです。また、子どもの思い出を作りたいという教員も多くいます。これだけバラバラですから、私1人の力ではどうしようもありません。皆と同じくして黙っているしかないのです。教員の働き方改革とは多岐にわたるのではないでしょうか。疑問を呈するだけでは終わりたくないように思います。

*2:このとき鬱傾向だったのは、上司に雪玉をぶつけたからかもしれません。もしくは膝の上に乗ったからかもしれません。あとで「非常識」と冗談交じりに言われたおかげで軽躁状態であったことに気付きましたが、それに対して猛省しているからでしょう。理解を得られない病気で理解を得たい反面、それを理由に反社会的な行動をしてはいけない…そういったところでモヤモヤしています。