a.k.a. Sakaki

also known as Sakaki

人生は死ぬまでの暇つぶし

閑話:京都水族館

 また仕事をサボりました。しかも2日も。

 サボった、というのは「精神疾患に対して理解のない人々の立場からだとそのように見える」という話であって、当の本人は深刻な状態。正当な病欠であるということを強く主張させて欲しいです。

 がんばって起きようにも身体は動いてくれるはずもなく、NHKの朝ドラが終わる頃には出勤を断念。それなのに、電話をかけてお休みすることを受理してもらうと、なぜか身体がスッと軽くなる。とても不思議です。

f:id:akasakaki:20201223184257j:plain

 初日は桐野夏生著『日没』を読んで過ごしました。「鬱症状が酷い時は読書ができない」という話は世間一般的に有名な話で、私もその例から漏れることはなく何もできません。今回の場合は単純に仕事(というより職場だと思われる)が嫌だっただけのようで、昼過ぎから本の内容が頭の中に入ってくるようになっていました。こういう時は、本の内容が体調と合致していたら読めるようです。都合がいい病気、と罵られそうです。読書感想文はまたどこかで(書かないかもしれませんが)

f:id:akasakaki:20201223180713j:plain

2日目

 さすがに2日も続けて休むわけにもいかないので仕事着には着替えたのですが、玄関から出ようにも出られなくなりました。あとは勢いで玄関から飛び出すだけだというのに、なかなか気が進みませんでした。結局、この日も体調不良でお休みさせてもらうことに。やれやれ。

 そのまま人をダメにするソファでダラダラし、10時頃、せっかく着替えたのだし…と、外出してみました。きれいな青色のグラデーションがかかっていました。冬の空気って良いですよね。このまま散歩することに。そして散歩しながら「水族館にでも行くか」と思い立ちました。クラゲに力を入れるようになってから機会を伺っていたことですし、平日なら混雑もしていないでしょうから。

f:id:akasakaki:20201223192146j:plain
f:id:akasakaki:20201223192157j:plain

 ということで到着。チケット売り場の女性の「おひとり様ですか」というセリフだけでも心臓に刺さるというのに、加えて怪訝な眼差しを向けられたことが脳裏に焼き付いています。平日の朝、本来なら働いているはずの人間がゆっくりとした足取りでスーツ姿でやって来たら誰でも不審な気持ちも抱いてしまうことでしょうね。鱧の湯引き食べたい。

f:id:akasakaki:20201223193312j:plain

 オオサンショウウオ…体長150cmに対して重さ30kgというのは意外と軽い。この立て看板が見られるのは、この時期特有のことだと思うので、言葉には気をつけなければなりませんが、少し得した気分ではあります。

f:id:akasakaki:20201223193750j:plain

歩くと水の波紋が生まれる謎技術
f:id:akasakaki:20201223193836j:plain
f:id:akasakaki:20201223193843j:plain
両生類の不思議

 息継ぎをしなければならないのに、3層…4層…と重なっていて大丈夫なのだろうか。苦しくないのだろうか。大丈夫なのでしょうけど。

f:id:akasakaki:20201223194058j:plain

この顔、ずっと観ていられる。

 オオサンショウウオのように、まったりとした動きをする生物はずっと眺めていられます。ほとんど動かないのですが、たまに口を大きく開いたり、息継ぎするために水面から顔を出したり。このフロアだけで小1時間くらい使っていました。

f:id:akasakaki:20201223194356j:plain
f:id:akasakaki:20201223194401j:plain
京都水族館のもう1つの見どころ

 魚類は誤解するのでしょうか。言外の意味で「疑似餌にかかる」を誤解と表現できそうですが、人間の主観的バイアスがかかっているような気もします。言葉、即ち言語による誤解だとすれば、魚類は言語を持たないために誤解しようにもできないという結論に到るはずです。しかし、彼らが「人間の感知できないレヴェルでコミュニケーションしている」と仮定したら、誤解をしていることになるかもしれません。真実はいかに。

f:id:akasakaki:20201223194616j:plain

コレになりたい

f:id:akasakaki:20201223195640j:plain

もうすぐクリスマスですね
f:id:akasakaki:20201223195852j:plain
f:id:akasakaki:20201223195847j:plain

f:id:akasakaki:20201223195843p:plain

この温度差

f:id:akasakaki:20201223200409j:plain

 そういえば、科学雑誌”Nature”の特集で「生物が海から生まれた」という説が部分的に否定されていました。ごく最近の話です。

 簡単に要約すると、生命にとって水は欠かせない一方で、その生命の誕生に欠かせない物質は、それが安定していない時期は水によって分解されるくらい弱いのだとか。とても神秘的です。

f:id:akasakaki:20201223202705j:plain

かなしくもあり、たのしい。

f:id:akasakaki:20201223204521j:plain

 本日の目当てはクラゲです。ここでボーッとするために来たと言っても過言ではありません。多種多様なクラゲたちを飼育・展示しています。

f:id:akasakaki:20201223204340j:plain
f:id:akasakaki:20201223204505j:plain
f:id:akasakaki:20201223205120j:plain
f:id:akasakaki:20201223205110j:plain
f:id:akasakaki:20201223205114j:plain
f:id:akasakaki:20201223205124j:plain

f:id:akasakaki:20201223205506j:plain

クラゲはいいぞ

 展示されていないクラゲもありました。年パス買おうかな、と考えた瞬間でした。そう毎度のように行けないので買いませんでしたが、年2回の来館で元が取れてしまうので、採算が取れているのか心配です。

f:id:akasakaki:20201223205653j:plain
f:id:akasakaki:20201223205740j:plain
また来よう

 京都水族館は、生き物以外にも魅力が詰まっているように思います。水槽に書かれた詩もその1つですし、一定の距離を保ってもらうための立て看板にも豊富な種類があります。よく観察してみると展示している生き物をモチーフにしたデザインの案内板、飼育員による漫画、LINEを利用したクイズや診断、カフェや物販にも力が入っていて、とても戦略的だなと思いました。

f:id:akasakaki:20201223210615j:plain
f:id:akasakaki:20201223210611j:plain
f:id:akasakaki:20201223210608j:plain
f:id:akasakaki:20201223210604j:plain
f:id:akasakaki:20201223210600j:plain
f:id:akasakaki:20201223210556j:plain

f:id:akasakaki:20201223210558j:plain

 結局、閉館ギリギリまで居座ってしまうことになろうとは思いもしませんでした。帰りにカフェでもと思っていましたが、混雑してきたので退館しました。パンでも買って家でゆっくりすることにしました。

 進々堂のフレンチトーストが好きで、京都に来てからというものの、コレばかり買っているように思います。甘いパンと苦いコーヒーの相性は抜群。

 一息ついてホロリと涙。仕事、我慢して続けてきましたが限界のようです。とっくに限界は訪れていましたが「生活がかかっている」というだけで続けています。

 これまで務めてきた高等学校は現職を含め3つですが、その全ての学校で、子どもが「売上」として考えられていました。当然こんなことを発言するのは管理職側であって「人間を育てよう」という教員も一定数いるのですが、内2つの進学校では、その方法論は試験勉強でした。どこに行こうにも、この牢獄からはもう逃れられないと悟りました。合格実績を出さなければ「お金」は入らないですし、数値という明確な指標があるというのは成長を実感させやすいためです。

 もちろん、人間的な成長のために努力を促すことは大切だと思います。それには首肯しますし、外国語学習を通して学んでもらいたい要諦の1つでもあります。しかし、機械でも満点が取れるような勉強だけを大切にする傾向は努力の方向を誤っているように考えられます。これだけでは、教える側にも学ぶ側にも心の余裕が生まれない。成果を出せない教員は不適格と煽られ、学生の成績を上げるために限度を超えた負荷を学生に強いているように思います。それでは学校の役割を果たせない。学校は必要ない、という極端な意見が出ても仕方ないです。試験勉強だけなら家でもできるのですから。

 もっと、学校でしかできないような経験をさせたい。すぐには役に立たないけど、役に立たない知識の中から役に立つ何かを生み出せるようになって欲しい、そういった純粋な気持ちで授業をしている教員は「我が校には不要」と切り捨てられるようです。それなら、ひと思いに解雇してもらえる方がありがたい。― 真に受けているわけではありませんが。

 そんなことを考えていた時に、知人から高等学校を紹介されました。3学期から頼めないかという話だったので上手くまとまらないかもしれませんが、話がまとまったら岡山県に引っ越しです。もとより、京都には学術的探求のために訪れたので、それができなくなってしまった現在、もう用事はありません。為せば成るはずなのですが、30歳を過ぎてから大学院に戻ることに、今はそれほどの魅力を感じていないようです。

 知人の紹介なので(少なくとも今よりは)過酷な労働環境ではないでしょうし、すぐに正規雇用するとのことでしたし、地元・広島にも近付きます。それに今の部屋の家賃と同じ額で広い部屋に住めますし、中四国ツーリングも捗りそうなので前向きに検討しています。それだけに、中部・北陸・東海地方へのツーリングは年度内までにしっかりとしておきたいですね。

 色々と書き連ねましたが、少しスッキリしました。最後までお付き合いくださった方がいらっしゃいましたら、心より感謝申し上げます。誰かに語りかけているわけではないのですが、誰かが読んでくれているというのが心地よくてブログを書き始めたので、よろしければ、また覗いてやっていただけますと幸いです。それでは、また。