a.k.a. Sakaki

also known as Sakaki

酔生夢死、人生は死ぬまでの暇つぶし。

道草:大仏プリン

  先週、長野県への出張に同行した同僚に「まほろば大仏プリン本舗」を教えてもらっていました。その同僚にも、お店の方々にも申し訳ないのですが「休日にわざわざプリンだけのために1日を割いて向かうのもな…」というのが本音で、その時ばかりは、Google Mapsに緑色の旗だけ立てておいたものの、積極的な気持ちはなく、タイミングが合ったら程度のものでした。

 ところが、この日は奈良方面への出張でした。半日、それも午前中に解散だったので今回も寄り道して帰ることにしました。候補地はいくつかあったのですが、翌日が丸々1日の出張だったので、自宅を目的地にして寄れるような場所に絞ったところ、このプリンの話を思い出したのが始まりでした。こんなに早く機会が訪れるとは思っていませんでしたが、何かの縁でしょう。

f:id:akasakaki:20210327203427j:plain

メルヘンな建物

 ということで、到着です。敷地内は家族連れか、カップルか、キラキラした女子たちで溢れていました。人混みが好きではないので、よほどのことでもない限り、普段なら並んでまでして買い物をすることはないのですが、ここまで来ておいて帰るのも憚られたので列に並ぶことにしました。だいたい30分くらいかかったでしょうか。

f:id:akasakaki:20210327203441j:plain

 店内の撮影は禁止されていたので簡単に様子をまとめておきますと、種類豊富なプリン以外にも、ソフトクリームやロールケーキも販売されていました。やはりバイクで来たのだから…と、ソフトクリームを注文したのですが、これが中々の美味。キャラメルが気になったので、奈良公園に立ち寄ることがあったら食べたいと思っています。

f:id:akasakaki:20210327203408j:plain

 その他にも、季節限定のプリン、トートバッグ、缶バッジのようなグッズ販売なども販売されているため、一度きりの来店にならないような工夫が施されていました。プリンの空き瓶を利用したLEDランタンが装飾に使われていました。容器がかわいいので食べ終わってからも楽しいですね。

f:id:akasakaki:20210327203418j:plain

 肝心のプリンですが、10円玉と比較してみてもかなりの大きさだというのが分かるかと思います。特徴的なのは種類や大きさだけでなく、食感にもありました。写真右手の小さい方のプリンは生プリンのようなクリーミーな食感で、大きい方のプリンは固めの食感でした。いずれにせよ美味しいことに違いはないのですが、個人的には固めのほうが好きなので、次回も(大)を買うことになると思います。

f:id:akasakaki:20210327203438j:plain

 バイク要素があまりなかったので申し訳程度にセローの写真を貼っておきます。出張の良いところは寄り道する楽しみが生まれることでしょうね。休日のツーリングとはまた違った楽しみです。