a.k.a. Sakaki

also known as Sakaki

酔生夢死、人生は死ぬまでの暇つぶし。

八瀬 瑠璃光院

 いつかは行こうと思っていた瑠璃光院ですが、本日、ようやく決心して行くことにしました。特別拝観の期日が迫ってきていたのと、来月末に広島に帰ることが決まったのとで、この期を逃すと気軽に行けなくなるからです。自宅から1時間もあれば行ける場所なのに、今日という日まで先延ばしにしていたことを反省しているところです。

f:id:akasakaki:20210613104108j:plain

 ということで出町柳から叡山電鉄に乗り込みます。終点の八瀬比叡山口駅まで電車の旅です。きれいな電車でした。*1

f:id:akasakaki:20210613131422j:plain

 小さい頃から好きな景色かもしれません。電車の運転手さんはカッコいい。きっと見えない部分で大変な苦労をされているのだと思いますが、いつまでも子どもたちの憧れであって欲しいものです。

f:id:akasakaki:20210613205826j:plain

 出町柳駅から10分ほどで終点の八瀬比叡山口駅に到着しました。なんとも古風な佇まいです。特に旧字体の「驛」がポイント高いですね。

f:id:akasakaki:20210613210107j:plain

 道なりに歩くと木造の橋が架かっています。そこを渡って5分ほど歩いた場所に瑠璃光院はあります。もみじの花も咲いていました。高野川の清流の音を聞きながら、しばらくぼーっとできるような場所でした。

f:id:akasakaki:20210613210251j:plain

水音を聞きながらの散歩も悪くない

f:id:akasakaki:20210613210405j:plain

 どこか寂しさを抱かせるような門です。拝観料は2,000円と比較的高額な部類なのですが、今年の春は6月15日までの開放で、期間限定という観点からも妥当のように思います。

f:id:akasakaki:20210613213442j:plain

肺が浄化された

 本堂に入る前に注目したいのが参道です。青々とした木々や苔に囲まれて癒やされます。晴れた日は当然ながら、曇りの日も雨の日も気持ちよく歩けるような、風情ある道でした。

f:id:akasakaki:20210613222213j:plain

錦鯉のお出迎え

 他に拝観客も少なく、この参道でだけでものんびり過ごすことができました。本堂に入り、順路の案内に従って2階へと向かいました。

f:id:akasakaki:20210615140200j:plain

例の写真

f:id:akasakaki:20210615140753j:plain

みんな一生懸命です

 写真を撮りに行くのは「ついで」の用事。肉眼に勝るレンズは見つかりませんし、写真というのは、どこまでも創作の域を出ないものです。畳に座ってボーッとしたかったわけなのですが、そうしていると肺の中の空気がすっかり入れ替わってしまう程度には大気が澄んでいて、少し肌にまとわりつく冷たい湿気が心地よく感じました。

f:id:akasakaki:20210615141828j:plain

f:id:akasakaki:20210615140327j:plain

f:id:akasakaki:20210615141152j:plain

 ひと休みしたところで写経です。どうせなら筆で体験したかったものですが、ボールペンで。願い事は「安泰」です。精神の安泰、職業の安泰、社会の安泰、金銭の安泰、健康の安泰、家族の安泰…などなど、挙げていけばキリがないのですが、日常にこういった程度の刺激を取り入れながら、平々凡々と生活できることを願っています。

f:id:akasakaki:20210615142205j:plain

安泰。

f:id:akasakaki:20210615141249j:plain

f:id:akasakaki:20210615141305j:plain

f:id:akasakaki:20210615141741j:plain

f:id:akasakaki:20210615142033j:plain
f:id:akasakaki:20210615142058j:plain
f:id:akasakaki:20210615141909j:plain
f:id:akasakaki:20210615141928j:plain

 …と、まあ、こういった雰囲気でした。滞在は2時間位のものでしたが、リラックスできたように思います。気が抜けて少し疲れを感じました。

f:id:akasakaki:20210615142620j:plain

次なる目的地まで

 ということで、気になっていたラーメン屋さん「極鶏」に行ってみることにしました。ラーメン激戦区の一乗寺まで電車の旅です。もちろん、時節柄、並んだり混雑しているなら諦めようと思っていたのですが、他に客がいなくて安心です。

f:id:akasakaki:20210615151429j:plain
 すごかった。シチューに麺を投入した、みたいな特濃ラーメンでした。〆は「醤油ではなくラーメンのスープで味付けたTKG」なのですが、これがまた罪の味でした。美味しかったですが、よく食べる人でも、麺の大盛りは頼まない方が良いかも…?

f:id:akasakaki:20210615151405j:plain

引っ越すので2度目はないかも…

f:id:akasakaki:20210615151657j:plain

四条河原町からの鴨川

 気分的には直帰したかったのですが、今回、ミラーレスの他にインスタントカメラを携えており、フィルムだけ取り出してもらうために京都駅まで向かいました。モノクロなのですが、現像が今から楽しみです。脳内でグレースケールに落としてシャッターを切っていたのですが、狙ったイメージで撮影できていれば良いなと考えています。

 現像の様子はまた別の記事にて。それでは。

*1:ちなみに、鞍馬方面に行くのであれば別の電車に乗らなければならないので注意が必要です。